Amazonギフト券買取は未成年だとできない?

みなさん子供のころに古本屋さんに漫画を売りに行ったことはありませんか?

私が小さい頃は近くにブックオフなどなかったので、近所の商店街にある本屋さんに行って古本を買取してもらっていました。

買い取ってもらうときは事前に保護者のサインが書いてある紙を持って行ったことを覚えています。

また別のお店では念のため自宅に電話されたりしました。

 

 

皆さんはこのようにAmazonギフト券の買取は未成年でもできると思いますか?

 

 

 

 

≪18歳未満の買取は条例に触れる可能性がある!≫

自治体によって異なる場合がありますが、「青少年育成条例」において、18歳未満の青少年から商品買取を禁止する条例が定められており、Amazonギフト券買取に限らず金券ショップでも禁止されています。

 

 

しかし未成年の場合でも保護者の同意があれば「古物営業法」では問題ないということになっています。

 

 

このあたりがかなりあいまいになっていて、満20歳に満たない満19歳以下の未成年が買取業者に買取依頼をしても業者側で断るケースが非常に多いのが現実です。

 

 

 

 

≪18歳以上なら買取OKなのでは?≫

上記でご説明した「青少年育成条例」はあくまでも18歳未満の青少年が禁止の対象になっています。

免許証も18歳以上になれば顔写真付きの証明書になるのでお持ちの方も多いと思います。

 

 

しかしAmazonギフト券買取業者では18歳19歳の未成年からの買取も基本的に禁止しています。

 

 

≪18歳以上20歳未満の買取が禁止されている理由とは?≫

理由としては「未成年取引の取り消し」という民法条例が関係しています。

この民法条例は20歳未満の未成年が行った取引や契約を親権者や後見人などが無効にできる法律です。

 

 

例えば未成年が勝手に車を契約したとか、こういったときにもこの未成年取引の取り消しが適応できます。

 

 

もし買取したギフト券が未成年者のもので、後から保護者が無効だと訴えてきた場合、買取業者はギフト券を返還しなければなりません。

しかしAmazonギフト券買取後、有効なギフト券と確認した場合は未使用のギフト券に戻すことができないので返還することができないのです。

 

 

このようなトラブルを避けるために未成年者の買取は禁止しています。