オークションでの出品と買取業者での買取の違いとは?

プレゼントや景品で不要なAmazonギフト券が手元にある場合、現金化する手段は主に2つあります。

 

 

1つ目は専門買取業者に依頼して現金を口座に振り込んでもらう。

2つ目は自分でオークションサイトに出品して取引することです。

 

 

 

 

≪オークション出品のメリットデメリット≫

最近だとヤフオクやメルカリ等スマートフォンからでも気軽にオークションサイトに不要なものを出品することができるようになりましたね。

 

 

実はオークションサイト内でもAmazonギフト券は非常に人気がある商品なので、多くの方がオークションに参加してくれることが考えられます。

 

 

多くの方が参加してくれることによって販売価格は高騰することが考えられるのでより高く現金化したい方であればオークションは良い方法かもしれません。

 

 

しかしながら一度オークションサイトを利用した方であればわかるかと思いますが、オークションサイトで取引をするとなるとかなりの時間を要することがあります。

まず、オークションサイトだと落札者側が希望価格を提示して取引をするので、最終的に出品したAmazonギフト券の価格が自分の想定していた金額に至るかどうか最後まで分からないのです。

 

 

また、場合によっては日にちをまたいでの取引になってしまうので少し面倒です。

 

 

 

 

≪専門買取業者のメリットデメリット≫

買取業者の場合もオークションサイトと同じでインターネット上で取引をすることが多いです。

電話で買取業者と取引をするか、数は少ないですが店舗に持ち込んで買い取ってもらうことも可能です。

 

 

オークションサイトとの大きな違いとしては買取業者ですと買取率は日々変動するもののそこまで大きく変わることはないので安心です。

買取業者によって異なりますが口座に振り込まれるのは30分から1時間とかなり早いのも特徴です。

 

 

また、店舗型であれば直接相手の顔を見て取引できますし電話であっても相手と直接話せるのでインターネット上だけでの取引と比べると安心感がかなり違うと思います。

 

 

 

 

≪買い取ってほしいけど心配だから店舗に来店したい!≫

いざAmazonギフト券を買い取ってもらうために「大黒屋」など大手ギフト券取り扱い店に足を運んでも無駄足になってしまいます。

なぜならAmazonギフト券のような電子ギフトは専門買取業者でなければ買取を行っていないのです。

そこで近隣の来店型のギフト券買取店舗を探してみても実際にはかなり数少ないです。

 

 

もし神奈川県横浜市までご来店いただけるのであれば当社にお任せを!

ギフトザウルスなら横浜駅から徒歩5分でご来店いただけます!