コンビニエンスストアで購入できるAmazonギフト券の種類!

コンビニのレジ横や出入り口付近でよくカードの電子ギフトは目にしませんか?

駅構内のコンビニだともはや出入り口から外に出してしまっていることもあります。

 

 

ちなみに皆さん、コンビニで購入できるのはプラスチックのカードタイプだけしかないと思っていませんか?

今回はちょっとマイナーなその他のAmazonギフト券についてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

≪コンビニで購入できるAmazonギフト券は2種類!≫

まず最初にカードタイプとはプラスチック製のカードで大抵どこのコンビニでもラックにつる下がっています。

金額が最初から決まっているギフト券と、自分で金額を指定できるギフト券があります。

 

 

続いてシートタイプのAmazonギフト券です。

シートタイプはコンビニや取扱店舗にあるマルチメディア端末から発券することができます。

マルチメディア機器とはライブのチケット発券などでも使用される端末ですね。

 

 

このどちらのタイプも現金で購入することができるのですが、現金支払いの代金引換手数料がかかります。

 

 

 

 

≪カードタイプとシートタイプどちらがいいの?≫

コンビニエンスストアで購入できる2種類のAmazonギフト券ですが、どちらにも利点があります。

カードタイプだと「バリアブルタイプ」という名称の金額指定が自分でできるギフト券があり、1500~50000円の範囲内で指定できます。

これはシートタイプでは無いので細かいところまで指定して利用したい方にはとても良いかと思います。

 

 

またシートタイプの場合はマルチメディア端末でその都度発見するので品切れになることはありませんが、カードタイプの場合は在庫が限られているので売り切れになってしまう可能性もあります。

 

 

そしてシートタイプの最大メリットは有効期限!!

カードタイプが有効期限1年なのに対して、シートタイプはなんと「有効期限3年」なんです!!

万が一使い切ることを忘れてしまった場合もこれだけ有効期限が長ければ安心ですよね♪

 

 

 

 

≪それぞれいくらから用意されているの??≫

カードタイプ/シートタイプそれぞれ用意されている金額は以下の通りです。

 

 

・カードタイプ

3000円/5000円/10000円/20000円/バリアブルタイプ

 

 

・シートタイプ

2000円/3000円/5000円/10000円/20000円/25000円

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

意外と知られていないシートタイプのAmazonギフト券ですが、有効期限の観点からみるとメリットは大きいですよね。

マルチメディア端末の操作方法もそこまで難しいわけではないのですぐに購入できるかと思います。

 

 

メリットは人それぞれなので自分に合ったギフト券をぜひ購入してくださいね♪